読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

higolog

肥後が常日頃考えていることをここで表現します。

難関国立大に合格した自分が考える「勉強ができる人の特徴」

勉強ができる人の特徴を話す前に、

“なぜ勉強をするのか?” 考えてみました。

 

勉強といっても色々ありますが、ここでの勉強とは受験勉強を指すことにします。 勉強はある意味で最も公平な競技なのです。人間は生きていくためにお金を稼ぐ必要があります。現状の世界では、需要と供給バランスにより、誰もが就きたい職業に就けるわけではありません。そこで競争が生まれます。

 

競争は学歴(学力)で勝敗が大きく左右されます。これは、反論の余地のない事実です。100歩譲って、学歴以外の何で優劣を決めれば皆が納得するでしょうか?運度やスポーツでは、個々の才能や男女で差があります。ルックスだと生まれた時点で試合終了です。資産だとお金持ちが半永久的に有利です。受験勉強に必要な暗記量は、人間の脳の能力のほんのわずかな部分で事足りるのです。人間の脳には、そこらへのパソコンよりも圧倒的に優れた能力が備わっていますから。

 

勉強は“やるかやらないか”の世界

やってもダメなものではなく、やればできるのです。 そして、勉強の基本は基礎(理解・インプット)からの応用(創出・アウトプット)の一言に尽きます。冒頭から説明したように、受験勉強をする大きな理由の一つに好きな職業に就くためだと考えています。極端な言い方をすれば、将来やりたいことが決まっている場合は、一般的な受験勉強なんてしなくていいのです。

 

大半の人間はやりたいことが決まっていないので、幅広く基礎を学ぶ

受験勉強で行く就く先が職業(お金を稼ぐこと)であるのであれば、お金に関する勉強は非常に大切になってくるのは当たり前ですし、お金の稼ぎ方を身につければ受験勉強なんてしなくても全く問題ないのです。なぜを考えないと、勉強しかできない人間といわれかねません。学歴が高いけど仕事が出来ない人間にならないためにも、なぜに拘ることが大切です。

 

このあたりの前提を踏まえた上で、勉強ができる人の特徴をお話します。

 

自分や環境をコントロールできる人間

遊んだりダラダラしたりする方が楽しいし楽に決まっていますからね。受験勉強における、勝敗の分かれ目は勉強に費やした時間です。時間の使い方は、基礎(理解と暗記)と応用(問題を)です。各教科別の勉強方法はネットで調べれば、ロザンの宇治原さんの勉強方法が参考になるのではないでしょうか?

 

とにかく時間

受験勉強で大事なことは、同じ間違いを起こさないように“陣地を広げること”が大切です。最初の頃は分からないことだらけですが、分かる(解ける)範囲を広げていくのです。分かっていたのに間違えたというのは、ダメです。間違えたものは分かっていないと思って下さい。なぜ時間が大切かというと、受験勉強で負けた時に顧みる点は勉強時間なのです。

 

“もっと勉強しとけばよかった”という反省点しか存在しません。

 

こんなネタ明かしをしたら、「みんなが勉強時間を増やしライバルが増えるのでは?」と心配している受験生の皆さん、安心して下さい。

やらない人間はいつまでたってもやりません。

これはいつの時代でも同じです。

 

 

絶対評価でモノゴトを考えてみた結果、ネガティブ感情が軽減した話。

僕は日頃から自分に自信を持つべきだといっていますが、

僕も分野によっては自信が持てなかった経験は勿論あります。

 

*自信のつけ方は過去ログを参照してください。

higolog.hatenablog.com

 

人間としての自信は記憶にある限り揺らいだことがありませんが(笑)

続きを読む

「人生」の教科書としておすすめのスピーチ

最後の授業というものをご存知でしょうか?最後の授業 「The Last Lecture」とはアメリカの多くの大学で開講されている特別講義シリーズの名称です。プレゼンターが、自分の最後の授業で生徒(観衆)に教えたいこと・伝えたいことを話す時間です。

この話には人間性が表れます。 

最後の授業というタイトルの意味

ランディ・パウシュというアメリカのカーネギーメロン大学のコンピュータサイエンスの教授の最後の授業をご紹介します。

 

www.youtube.com

続きを読む

海外で駐在員として、新規事業立ち上げをしてみた結果【後編】

前回の記事の続きです。

 

higolog.hatenablog.com

 

僕の会社がグループ会社(タイの現法)をもっていたのは大変助かりました。いきなり脱線しますが、海外での新規事業の立ち上げは、海外での会社立ち上げより遥かに楽です。会社立ち上げの場合は、登記手続き、会社規定の決定、従業員の確保、営業、財務、会計と会社に守られていますが仕事量と精神的ストレスは尋常ではありません。雇われ社長(サラリーマン)として会社立ち上げをされた方にお話を聞くと誰もが「もう2度とやりたくない」と言うくらい過酷です。

続きを読む

自分の上司が普段どんな報告してるか理解してますか?

出世するために創意工夫して意欲的に仕事をするのか、創意工夫して意欲的に仕事に取り組んだから出世するのか?出世という結果に拘った場合、前者の方が圧倒的に出世確率は高いと思います。これは事実であり、目標をもって取り組むことがもたらす結果なのです。僕は、出世という目標の裏側にある理由が大切であると思います。

 

続きを読む

海外で駐在員として、新規事業立ち上げをしてみた結果【前編】

僕は駐在員としてタイに3年間在住していました。僕の会社は事業部制をとっています。僕の部署は海外に拠点をもっておらず、部署として初めて海外に足掛かりを作るため僕は駐在することになりました。要するに、「一騎駆けで海外に乗り込み、営業活動を行い、現法をつくるほどのマーケットがあるか確認してこい」という指令です。

最初から会社を作るわけにはいかないので、僕は他事業部の現地法人に出向しました結果からいうと3年で見切りをつけ撤退することになります。

続きを読む

ギャンブルのプロが狙うポイント

控除率が低いギャンブルに関して

 

控除率が低いということは、胴元の儲けが低いということです。

プレーヤー同士がお金を奪い合う形に近づきます。

 

控除率が低ければ低いほど、“プロ”が存在します。

 

前回のブログ

higolog.hatenablog.com

 

で記載したように、控除率は種目によって異なります。

また、カジノ内の種目でも控除率は異なります。

 

続きを読む