読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

higolog

肥後が常日頃考えていることをここで表現します。

チームスポーツの経験は、仕事でも活かせるのか?

チームスポーツの醍醐味についてです。

*個人種目は別で書きます。

 

自慢できるほど観戦できていないので、競技者目線となります。

 

チームには色んな人がいます。

簡略化するために、身体能力(技術含む)、闘争心、人間性の3つで人が成り立っているものとします。

 

続きを読む

英語がなぜ必要なのかを考えてみた。

英語(第二外国語)を勉強する理由は、人生をより豊かにするためだと考えています。

 

英語を勉強する必要がないという意見として、英語を勉強することは奴隷(仕事で誰かに使われることを意味します)への第一歩と揶揄されることもあります。

 

通訳を雇う以上の生産性さえあれば、通訳を雇えばよいという意見も聞こえてきます。

 

近い将来、AIの発達により文章も音声も翻訳できる機械が登場するでしょう。

 

目的が仕事で意味を伝えるだけなら、上記の意見に賛成です。

現に僕も中国に出張したときの交渉の席では通訳の方にお世話になりました。

 

続きを読む

只管朗読を継続するコツ

f:id:higoblog:20161211010105j:plain

只管朗読は特別難しい作業ではないのですが、

継続させるのが非常に困難だと感じる方も多いのではないでしょうか?

 

一日2時間の作業を8ヵ月はちょっとキツイなぁ、

 

分かります、僕も相当な怠け者で自分に甘い男です。

やらなければいけないことを後回しに、一日youtubeを見るなんて多々あります(笑)

 

8ヵ月とは言いません。

2週間だけ頑張って下さい。

8ヵ月→2週間 この落差はかなりハードルを下げるはずです。

 

続きを読む

只管朗読おすすめ教材

f:id:higoblog:20161211010105j:plain

只管朗読に準備するもの↓↓↓

 

自分の英語能力に見合った英語の教科書1冊のみです。

自分の英語能力に見合ったというのは、復習さえすればその教科書の意味と文法構成が90%程度理解できるとお考えください。

 

ここで紹介している本は日本の中等学校教育で多く使用されているものです。

僕自身が使用した教科書ではありません。*絶版なので入手が困難です。

どれを選べばいいか分からないという方は黙ってこれでいくべし!!

 

NEW CROWN 1 [平成28年度採用]―ENGLISH SERIES New Edition
 

 

中学高で使用されている英語の教科書、もしくは高等学校で使用されている英語の教科書でしたら何でもOKです。

*大学受験を受けた方は、高校の教科書で問題ありません。

 

続きを読む

只管朗読を始めた理由

王道の勉強方、只管朗読との出会いについて。
 
アメリカ留学は決まったものの、僕は焦っていました。
 
英語上達にむけて無駄にできる時間は一秒たりともないと。
 
ちなみに留学前のスピーキング能力は絶望的でした。
マクドナルドでビッグマックを注文するとチーズバーガーが出てきたこともありんす。
どんだけぇーーー!!!
 
スピーキングを上達させるために現地の人とできるだけたくさん話そうと考えました。
 
しかし、よく考えてみると人と話をするときは会話が途切れることもあるし、人そのものが見つからない場合もあります。
 

続きを読む

エリートが選ぶエリートの特徴

f:id:higoblog:20170126110145j:plain新日鉄住金のとある工場で鉄製品の生産量で過去最高をたたき出した話

 

僕の大学時代の友人から聞いた話です。

 

彼のスペック↓↓↓

性格は温和で面倒見がよく、大学院試験免除で大阪大学の学部から同大学院に入学するほど優秀。しかも僕と同じサッカー部で皆勤賞かつ麻雀やバイトもこなしてである。

 

彼の仕事は平たくいうと、鉄製品をたくさん作ることです。

優秀な人材が集まり、生産効率・生産量をあげるために日夜努力しています。

 

続きを読む

席なんて譲らなくてもいい

diamond.jp

 

 

高齢者だからって席を譲る必要なんてないですよ。

電車で高齢者に席を譲る人が減っているワケ

その一因となっているのは、やはり「譲ろうとしたが、断られた」という苦い経験、、、

 

ダイヤモンドオンラインの記事でも述べられていますが、

外見から高齢者であるかどうかの判断が難しい、、、

席を譲ってもらう側が、「自分は高齢者だと思われたくない」、、、

譲らなかったら譲らなかったで、「なんで席を譲らないんだ」と文句を言われるリスク、、、

 

続きを読む