読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

higolog

肥後が常日頃考えていることをここで表現します。

ノーベル賞級の発明 イジメで自殺する人間を限りなくゼロにする方法

いじめ 人生観

 

 

headlines.yahoo.co.jp

 

イジメはなくならない。

反論したそこのお前、頭冷やせ。

 

イジメはなくならない。

が、イジメで自殺する人間を限りなくゼロに近づけることはできる。

それこそが唯一かつ究極のイジメ対策だろうが。

 

イジメの原因だの、学校の対応が悪いだの、論点がずれてんだよ

 

イジメをなくすことをゴールにして、一生自殺者出し続ける気か?

 

 

先生とか学校を頼りにしてもダメだわ。

 

少し頭のいいやつなら分かると思うが、

自分の知り合いで先生になったやついるだろ。

そいつはとびっきり優秀だったか?

 

努力の量、将来の夢(大志・野望)、考え方、経験、魅力、体力、柔軟性、忍耐力、etc…

 

そいつらが先生で、その先生が取りまとめているのが学校。

いいかげん察しろ。

 

いじめの着地点でホッとするのは、“被害者が自殺しなくてよかった”なんだよ。

 

分かるか?

いじめをなくすには…は現実知らずのアホたれの発想だろうが。

 

イジメの定義。

イジメられている人間がイジメられていると感じたら、それはイジメなんだよ。

被害者の主観だよ。

 

いじめには2種類のイジメがある。

加害者に反省してもらうイジメと、加害者に罰を下すべきイジメだ。

 

前者と後者の線引きは、加害者が悪魔であるかどうかだよ。

 

反省で完結するイジメとは、面白がって行われるイジメであり、

親を含む周りの人間の教育で十分に更生できるレベルのものだよ。

 

前者のイジメの対処方法は、筋トレである。

 

俺が保障する、筋トレの効果は絶大。

少々の暴言、暴力に遭遇しても、鍛えているという事実が心の奥でほんの少しだがやすらぎを与えてくれる。

イジメられる人間は簡単に反撃することはできない。

筋トレをして反撃するという話でははい、これは心の問題である

 

筋トレをすることで心に少しの余裕を与えるのである。

 

イジメで自殺するというのは、心の問題である。

自ら命を絶つという判断を自分で行うのだから。

心が限界地点に達すると自ら命を絶つ。

 

この心の限界地点に到達するのを防ぐために、

心に安らぎのクッションを備え付けることが出来れば、自殺しなくて済む。

 

経験者である俺が断言する。

筋トレでイジメの自殺者は限りなくゼロになる。

 

筋トレは本当にしんどい。

他のことが何も考えられないくらい。

 

筋トレをすることで一日の中に、心をリセットする時間を作れることになる。

例え一瞬でも精神的ストレスから解放されるのと、そうでないのは雲泥の差だよ。

0と1の差は非常に大きい。

 

筋トレをすると筋肉がつき自分が少し強くなった気になる。

まぁ実際に強くなっているのだが(笑)。

 

暴力をふるわれたときの痛みが少しマシになる気がする。

まぁ実際には痛いのだが(笑)。

 

これとは別に後者のイジメは残忍極まりない。

もはや人間の行うレベルを超えているイジメだ。

 

この悪魔が行うイジメによる自殺は、自殺なんかではなく、殺人だろうが、ボケ。

それ故、加害者に罰を下すんだよ。

 

ニュースなんかで耳にする誰がどう考えても残忍極まりない暴力。

 

はぁ?前者と後者の線引きが難しい?

 

アホか。

自分で何も判断できないなら、

被害者、もしくは被害者の親に判断委ねろよ、このまぬけ野郎。

 

俺が親なら絶対に罰を下す。

絶対にだ。

 

線引きが難しいとかアホなことぬかす奴は想像力が圧倒的に欠如している

もし自分のこどもがそういう目にあったら、という想像が。

 

もう一度いう。

自分が親なら“絶対に”だ。

 

ご依頼ありましたら学校出向いてスピーチします。

 

実際の俺は礼儀正しいビジネスマンですので、ご安心を。