higolog

肥後が常日頃考えていることをここで表現します。

日本人に一番合う英語学習方法は、只管朗読でキマリ。

f:id:higoblog:20161211010105j:plain

只管朗読について説明しましょう。

非常に有名で効果のある英語勉強方に只管朗読というものがあります。

内容が理解できる英文を繰り返し声に出す、それだけです。

 これをするだけで英語が話せるようになります。

大学時代友達とほとんど話さず、只管朗読のみでスピーキングの練習をし、

現在は海外駐在員として英語で仕事をしている僕が断言します。

間違いありません。

下は、留学時代の僕の生活リズムです。

 

平日

AM6:00 起床(朝飯ナシ)

AM6:30 家を出発(バスで単語勉強)

AM6:50 学校着

AM7:00~AM8:15 司管朗読

AM8:30~PM4:50 授業&勉強(昼食10分)

PM5:00 学校を出発(バスで単語勉強)

PM5:20 帰宅

PM5:30~PM6:30 只管朗読

PM6:30~PM6:50 夕食

PM7:00~PM11:30 勉強

PM12:00 就寝

 

休日

 

AM7:30 起床

AM8:00~AM9:20 只管朗読

AM9:30~PM6:00 勉強(昼食)

PM6:30~PM6:50 夕食

PM7:00~PM10:00 只管朗読&勉強

PM11:00 就寝

 

基本的に平日は15時間勉強、休日は13時間勉強がノルマでした。

 

只管朗読するにあたって、以下のルールを守らなければいけません。

 

大きく口を開け、大きな声ではっきり発声すること。

内容を理解した英文を使用すること。

毎日最低1時間は行うこと。

半年間続けること。

 

僕は誰よりも語学の才能がないと自覚していたので、1日3時間を司管朗読に割きました。

 

英文に関してですが、僕は高校生のときに学校で使っていた英語の教科書を使用しました。

 

実践してもらえると分かると思うのですが、

英語を話し慣れていないと、ほほが痛くなります。

英語を発音するとき、慣れていない口の形を繰り返し行うので、口が筋肉痛になります。

 

英語の教科書を一冊読みきるのに、おおよそ1時間程度かかりました。

ノルマとして1日3回を自分に課しました。

 

平日の朝っぱらから家の中で大きな声は出せないので、朝早く学校へ行き、誰もいない学校のグランドで、教科書を片手に一人、爆音で只管朗読をしていました。

グランド整備の芝刈りのオジサンには頭がおかしくなったやつと思われていたことでしょう。

 

この只管朗読、最初の頃は本の内容が新鮮で勉強している感もあり、モチベーションを保てるのですが、

1か月くらい経過したあたりから感じるストレスが尋常じゃないのです。

 

毎回同じ内容はツラいです。

 

僕は読み終わるたびに、「ボケェ!!」とか「っしゃぁ!!」と叫び、怒り狂ってましたね。

 

英語を話せない方で、頭には文章が浮かんでくるけど口からなかなか出ないという経験はないでしょうか?

 

只管朗読を続けると、口が勝手に動いてくれます。

 

勉強と書いてますが、学校の授業の予習・復讐、それに英語の勉強です。

単語を覚えたり、文法を勉強したり、リスニングのCDを聞いたり、英語の小悦を読んだりしました。

 

ソフトバンクの孫さんには及びませんが、文字通り死ぬほど勉強しました。

TOEFL試験前の3ヵ月は1日18時間勉強しました。 

 

実際に1日15時間集中し続けていたとは思いません。

トイレも行きますし、余計な考え事もします。

 

勉強は質が大事ということも重々承知していますが、

それでも勉強時間にこだわったのには訳があります。

 

勉強関係の戦いに敗れたとき、反省する要因は勉強時間です。

 

あのときもっと勉強していればと後悔することはあれど、

あのとき勉強の質を高めていればとは後悔しないでしょう。

 

勉強量をこなすうちに、勉強の質が高まることはあれど、

最初から勉強の質の高め方なんて分からないものです。

 

重要なのは後悔しないことです。

 

勉強量にこだわるしかないのです。

 

留学先でのメリットは勉強した英語を話す機会が日常に溢れていることと、

日本語からの隔離です。

 

一生経験することはないでしょうが(というか二度と経験したくありませんね)

日本語(文字)読みたい欲求が尋常じゃないのです。

 

日本語への飢えが凄かったのを覚えています。

夢の中の会話も英語でした。

 

これだけ才能がない僕が話せるようになったのですから、誰でも話せるようになります。

 

どれぐらい才能がないかというと、僕はカラオケが音痴なのです。

 

僕は日本語の音ですら、上手く真似することができないのです(ガビーン)

 

況や英語においてをや。

(ましてや英語の発音が下手くそなのはいうまでもありません)

 

恥ずかしがり屋の日本人でも、只管朗読なら一人でできます。

 

ん?別に留学しなくても英語が話せるようになるのでは???

 

正解。。。

 

 その他、只管朗読に関わる記事リンクです

higolog.hatenablog.com

higolog.hatenablog.com

higolog.hatenablog.com