読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

higolog

肥後が常日頃考えていることをここで表現します。

糖質制限で10キロ痩せた話。ユダヤ人にとっての最高の人生とは?

人生観 仕事 海外 海外駐在 恋愛

糖質制限ダイエットの真の敵は人付き合いであります。

これは生き方にも関わりがありますので重要です。

 

少し脱線しますが、生きる(働く)目的というのは大変難しいテーマです。

ビジネスの世界でユダヤ人はすごいという書籍をよく見かけるので、ユダヤ人(ユダヤ教)の生きる(働く)目的は何か調べたことがあります。

 

 

それは、自分の好きな人と一緒においしいご飯を心ゆくまで楽しむ、とのことです。

なるほど、と思いました。

 

ちなみに大学生のときに、私もこの壮大なテーマをふと考えたことがありまして、そのときは最高の瞬間を過ごすためと結論づけました。

実に曖昧な答えで恥ずかしいです(笑)

 

好きな人(家族、友達、彼女、知り合い、誰でも構いません)を作るには人間関係の豊かさが必要です。

おいしいご飯を食べるにはお金が必要になることもあります。*お金なんてかけなくてもいい場合ももちろんあります。

心ゆくまで楽しむには自由で豊かな時間が必要です。

 

お金持ちの最終的なお金の使い道というのは食事に使われるというのを聞いたことがあります。

人生の目的は最終的には食に繋がっていると考えることはあながち間違いではないでしょう。

 

そこで、本題のダイエットです。

ダイエットには色々な方法がありますが、ここでは糖質制限ダイエットに限定させて頂きます。

理由は単純で、実践すれば高確率で痩せますし、私自身も経験者(ダイエット成功)だからです。

ライザップのダイエットもほとんどが食事制限で管理されています。

 

糖質制限ダイエットに関しては、ネットで調べればすぐに理解できますので、説明は割愛させて頂きます。

 

結論からいうと糖質制限ダイエットは簡単ですが楽ではありません。

 

食べられないものが非常に多いので、友達とご飯を食べに行っても食べるものが限定されます。

 

ほとんどのメニューに対して「ごめん、糖質制限してるから無理やねん」の一点張りとなります。

 

自分が友達の場合なら、そんなやつとご飯に行っても何一つ面白くありません。

おいしいご飯を食べて、コーラを飲んで、「うめぇ!」というのが最高です。

 

私は、誰かと一緒に時間を過ごすとき、最高のパフォーマンスを発揮しようと心がけています。要するに全力で相手を楽しませ、自分も楽しむということです。

せっかく私のために時間を作ってくれた相手に失礼でしょう(笑)

 

この私の生き方に糖質制限ダイエットは相反します。

 

海外駐在をしているときに、人づきあいを短期的に無視して糖質制限ダイエットを行いました。有言実行派の私はダイエットすると公言してしまいました。

 

実際に10キロ痩せましたし、目標体重を突破した日に体重計に乗りながらパンツ一丁で「俺は自分でいったことは絶対に守る、ダイエットも然り。俺は今のままの自分を今後も貫き通す。結婚して下さい」とプロポーしました。ぐへ。

 

最初の2~3日さえ我慢すれば、糖質制限ダイエットは簡単です。

しかし、人づきあいを無視するのが本当に難しい、というか何のために生きているのか分からなくなります(笑)

 

まぁ、理想の体型を手に入れることで最高の人生が送れるという考えもありますが。