読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

higolog

肥後が常日頃考えていることをここで表現します。

良い人間関係を構築&継続する方法

良い人間関係を構築し継続させるには各個人の努力が必要です。

 

家族の関係をよくするには家族全員の努力が必要になります。

精神的にも経済的にも自立し、自分がされて嫌なことはせず、されて嬉しいことをする、これを継続するだけです。

 

友達関係も職場関係も同じです。

 

 

僕が苦手なのは気分屋の人です。

こちらの振る舞いが同じでも、日によって怒ったり笑ったりする人です。

気分屋に対してはすごく気を使わざるをえません。

 

ちょっとした情報を交換しお互いのアイデアを分かち合うことで新たな発想に繋がったり気分展開になるにも関わらず、気分屋とのアイデア交換は非常にしにくい。

 

不必要にキレる人からは、どんどん人は遠ざかります。

特に先輩に対して後輩は敏感です。

 

オレ朝は低血圧やから、、、

いや、知らんわ。

 

経験上、気分屋で面倒くさい人は朝の挨拶からして論外な気がします。

 

小学校のときにサッカーのコーチから、アマチュアとプロの違いは何かわかるか?と問われたことがあります。

僕たちはサッカーの上手さ?と思いましたが、答はノーです。

お金(給料)をもらっているかどうかです。

 

業種問わず、サラリーマンはプロです。

プロである以上、自分のチームに貢献するために努力することは当たり前です。

気分屋はプロとしての自覚が薄いのです。

 

挨拶の効果は絶大です。

相手の目を見て笑顔で挨拶をするだけ。

朝の挨拶でお互いが気持ち良いスタートをきれます。

好スタートはチームにとってプラスです。

 

挨拶さえ気持ちよくできれば、不必要にキレる人は少なくなると思います。

不必要にキレずにすむ精神状態を作り込むこともプロの仕事です。

そして不必要にキレさせないこともプロの仕事です。

各個人が努力することによって良い職場環境は築かれるのです。

 

僕は人間関係には非常に恵まれてきました。

しょうもない人間(組織)とは距離を置いてきたことも大いに関係していると思いますが(笑)

 

僕は早く組織のリーダーになりたいです。

組織のリーダーが違うだけで仕事の楽しさは変わると考えるからです。

 

仕事を通して人を豊かにそして幸せにすることを考えるとき、ターゲットは何もお客さんだけではないのです。