読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

higolog

肥後が常日頃考えていることをここで表現します。

ギャンブルを賢く楽しむ方法について

ギャンブル

ギャンブルとはどういうものか?

また、ギャンブルとの付き合い方に関するお話です。

 

ギャンブル(賭博)とは理論的に長期的視点では勝てないルールに対して金銭や品物をかけた勝負事と定義させて下さい。

 

論理的に長期的視点では勝てないというのはどういうことでしょうか?

日本の公営ギャンブルの場合、控除率というものが存在します。

 

 

簡略化のため、登場人物をプレーヤーA、プレーヤーB、胴元の3人に限定することにします。

 

胴元はギャンブルを運営するかわりに、プレーヤーAとBが賭けた合計金額の一定割合を無条件で受け取ります。

その一定割合を控除率といい、各種目により異なります。

 

日本の公営ギャンブル控除率は以下のようになります。

公営競争(競馬、競輪、競艇オートレース)・・・約25%

宝くじ・・・約45%

パチンコ・・・約15%

 

胴元の儲けは、プレーヤーが賭けた合計金額×控除率となります。

 

確率論上は控除率が低い方がプレーヤーは勝ちやすくなります。

控除率が約45%という暴利を前にしても宝くじを買う人が絶えないのは、一攫千金を夢見るからでしょう。

 

控除率が存在する限り、ギャンブルをすれば長期的には負けるようになっているのですから、控除率を理解した上で、ギャンブルと付き合う必要があります。

 

そもそも人はなぜギャンブルをするのでしょうか?

色々な理由があると思いますが、“暇だから”というのが最も大きな理由だと僕は考えます。

 

こどもの頃は色々な遊び(お金のかからない遊び)で満たされていました。

大人になるにつれ、賭け事以外の遊びでは満たされなくなり、特にやりたいこともない人は時間が余ります。

人生で最も苦しい時間の一つは“退屈”だと思います。

 

みんながみんな明確な目標をもって生きていく必要はないと思いますが、どうせギャンブルで時間を使うなら、ギャンブルとの付き合い方は個人で真剣に考えるべきだと思います。

 

ギャンブルの目的を明確にするべきです。

勝ちたいのか、それとも楽しみたい(刺激がほしい)のかをはっきりさせるべきです。

 

勝ちたい場合は、情報を徹底的に集め、思考し、戦略を立てなくてはいけません。

 

例えば、競馬を例にしましょう。

*僕は競馬はしたことがありません。

JRAに登録されている馬の数は、7,569頭だそうです(H26年11月)

7,569頭もの情報を調べるには時間がかかりすぎます。

 

状況戦に持ち込むことにより、調べるべき馬の数を意図的に限定するのです。

 

競馬というのは、ランクごとにレースが開催されます。

新馬戦、未勝利戦、受賞のように、参加可能なレースが決まっています。

 

未勝利戦にのみ特化する方法を考えてみましょう。

未勝利戦の場合は、勝てていない馬が出走します。

*未勝利戦で勝つと参加資格がワンランク上のレースになります。

 

新馬戦としてデビューした馬も、勝ちがつかないと未勝利戦にまわされます。

毎回似た馬が未勝利戦に出場することになります。

 

しかも地方競馬に限定してしまえば、未勝利戦に出る馬の数はかなり限定されます。

 

このように条件を設定し、ある特定の状況下に持ち込むことにより、検討する数を絞込みます。

 

もちろん競馬では、馬が走るので“絶対”は絶対に存在しません。

唯一存在する絶対は、胴元のJRAがプレーヤーが賭けた合計金額×25%(控除率)の儲けを得るということを除いては。

*当選者がいない場合はキャリーオーバーといい、控除額を差し引いた金額を次のゲームにまわします。

 

楽しみたい場合は、楽しみ方を考えましょう。

*勝って楽しむのがベストです(笑)

僕はギャンブルの楽しいところは2点あると思います。

 

1点目は、刺激を受けられること。(個人ないしは友達と盛り上がれる)

2点目は、不確定要素がある中で、確定している要素を頼りに自分なりの推測を行い決断し実行するところ。

 

上記に儲けという言葉が出ていないところがミソだと思います。

ギャンブルと健全に付き合うには、儲け以外のポイントで楽しめることが条件だと考えます。

 

平たくいうと、人生を失う恐れのあるお金を賭けてはいけない、ということです。

 

人生を失う恐れのあるお金とは必ずしも、金額の大小を指しません。

手持ちのお金がゼロの状態で、ギャンブル目的で1円でも他人(消費者金融含む)からお金を借りると人生を失いかけません。

人生とは信頼で成り立つ部分が非常に大きいですから。

 

次回は控除率が非常に少ないギャンブルや実力が左右するギャンブルに関してです。