読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

higolog

肥後が常日頃考えていることをここで表現します。

自分の上司が普段どんな報告してるか理解してますか?

仕事

出世するために創意工夫して意欲的に仕事をするのか、創意工夫して意欲的に仕事に取り組んだから出世するのか?出世という結果に拘った場合、前者の方が圧倒的に出世確率は高いと思います。これは事実であり、目標をもって取り組むことがもたらす結果なのです。僕は、出世という目標の裏側にある理由が大切であると思います。

 

 

役職が上になり決裁権が多い方が仕事は楽しいに決まっています。自分で判断し、物事を進めていく(決裁する)というプロセスはサラリーマン社会に関わらず、人生の醍醐味ですらあります。僕が出世したいもう一つの理由は、僕と一緒に働ける人は仕事を楽しめると信じていることです。仕事を楽しめる人に育てるという使命すら感じています。仕事を楽しめる人を出来るだけ増やしたいという思いです。

 

仕事は誰の下(もしくは一緒に)で働くかにより、楽しさは全然違います。何をするかよりも、誰とするかの方が圧倒的に大切であると感じます。そんな面倒くさい出世争いに興味がないというのも一つの生き方です。自分の頭で考え、行動し、周囲を巻き込んで仕事を作る(お金を生む)能力さえあれば、どこでもやっていけますからね。

 上記の前提を踏まえて、サラリーマンの出世の仕組みを理解することにより戦略を立てる必要があります。組織論はもともと軍隊で発達しました。

軍隊では、情報を速く正しく伝達し行動に移すことが求められます。組織で動き、組織を動かすために必要な、理解力、行動力、伝達能力は必至です。とにかくコミュニケーション能力は必至です。コミュニケーションとは、知覚、感情、思考の伝達です。

相手からのメッセージは言葉であったり、顔の表情であったり様々ですが、相手から発信された内容を理解して応える(表情、言葉、行動)能力がコミュニケーション能力です。

 

サラリーマンの役職が上がるときというのは、上から引き上げてもらう必要があります。上司が課長のときは、課長の仕事を徹底的にフォローする必要があります。平社員が課長からの評価をあげたいように、課長は部長からの評価を上げたいわけです。部長会(課長以上の会議)で課長がどのような情報を部長から求められているのかを察知することです。平社員が部長会の内容なんて分からないというのはナンセンスです。普段の営業会議で使用されている会議資料にヒントが隠れているはずです。課長以下の営業会議でまとめた内容を部長会で報告するわけです。どんなトピックスが部長会で一目置くか、会社や組織によって求められるものは異なります。この場合、相手からのメッセージは会議資料の項目なのです。

 

これもコミュニケーションのうちです。